心の負担を和らげよう|心療内科は現代人の味方|医療に救われるココロ

心療内科は現代人の味方|医療に救われるココロ

眼鏡の医師

心の負担を和らげよう

相談

通いやすい環境を整えよう

東京都内で仕事をしている人は、地方都市に比べ競争力の高い環境で激務をこなしている人がたくさんいます。時には過度なストレスや厳しい人間関係に疲れ、地方都市に引っ越しをする場合もありますが、現状の生活環境を変えるのは難しいものです。長期にストレスを溜めこんだり、転職や配置転換により大きなストレスを生じる場合もあり、上手にストレスと付き合っていかなければなりません。人によっては気分転換が苦手で仕事ばかりしていたり、時間の制約があって思うように自分の時間が作れないなどの理由から抑うつ状態となり、うつ病と心療内科で診断されるケースが増えてきています。人口が集まる東京都の心療内科では従来の更年期障害からうつ病を発症する病気だけでなく、パニック障害や社会不安障害といった新しいタイプのうつ病が発症しています。パニック障害は、いつもは変わった様子はなく自分にとって困った状況に陥るとパニックを起こし、ヒステリックになったり身体的不具合が生じる場合があります。社会不安障害は朝や日中は普段通りでも、夜になるとさまざまなことに不安感を覚え、イライラしたり体調が崩れる事があります。東京都内の心療内科では、地方都市よりも診療時間を長く設ける所や、土日でも対応できる場所が増えています。それだけ心の負担を持つ人が多く、気軽に相談できる場所が職場から近いことや、通院しやすい環境を整える事で少しでも精神的、身体的負担を軽減してくれます。臨床心理士と行うカウンセリングは時間が掛かるために、通院しやすい環境が必要です。

治療には休息が必要です

うつ病の原因は、物事を否定的に考えるようになる思考にあります。脳内では、感情を司る情報伝達物質のバランスが崩れる事で生じます。セロトニンやノルアドレナリンといった脳内情報伝達物質は、減少することで意欲が低下し、思考力が落ちたり、自責の念に襲われます。物事を真面目に取り組み、自分を追い込んでしまう性格の持ち主は、うつ病に掛かりやすいといわれていますが、性格を変えることなく心療内科で正しい治療とカウンセリングを行うことで回復に向かいます。治療には抗うつ薬を使用した薬物療法を行います。排尿障害や便秘といった消化器系の副作用が多かった抗うつ薬が改良され、自分の体質に合ったものが増えてきています。抗うつ薬と共に睡眠薬や精神安定薬を併用して、心だけでなく体の負担も軽減させていきます。抑うつ状態が続くと睡眠障害が起こる場合が多く、治療中しっかりと休息がとれないことがあります。休息をとる事も治療の一環なので、職場に休職願いを出したりする必要があります。現在では厚生労働省が精神疾患として労災対応をしたり、個人に負担となるような対応を取らないよう指導しています。思い切って相談してみるとよいでしょう。東京都内に通勤している人の中には満員電車で身も心も擦り減らしている人がたくさんいます。時には朝日を浴びたり、いつもとは違うルートで通勤するなど、環境に変化をつけ、日頃からリフレッシュできるよう予防をしておくとよいでしょう。規則正しい生活や適度な運動が、自分の心を守る行動に繋がります。